初めての葬儀で誰もが感じる不安。

何をすればいいの?
どこに頼むの?
費用はいくら?

そんな不安を取り払うため、まずは葬儀の専門家に相談してみましょう。
良い葬儀社が見つかり、故人やご遺族が求める葬儀が実現できます。

葬儀の見積もりはこちら 24時間365日対応

お布施の費用が不安。お寺との関係を作りたくない。

葬儀や法事の時にお坊さんを派遣してほしい。

僧侶派遣サービスは戒名料やお布施の金額が明確化されています。
お願いした時だけ来てもらえるので檀家になる必要はありません。

法事や葬儀に僧侶を派遣する料金
法事・法要
35,000
すべて一律
お葬式
55,000
火葬式の場合
戒名の授受
20,000
信士・信女
格安葬儀はこちら メール予約24時間対応

葬儀の種類と費用

葬儀費用の相場

葬儀は規模ややり方によって費用が変わりますが、日本消費者協会が行った実際に葬儀にかかった費用のアンケート調査では、全国平均で189万円で、最も多い価格帯は200~300万円となっています。

この費用には、葬儀社に支払う費用、飲食接待費、お寺に支払う費用の全てが含まれています。合計するとかなり高額な料金ですが、参列者が少ない家族葬であれば100万円以下に抑えることもできます。

平均葬儀費用

葬儀費用は地域によっても大きく変わります。全国の平均葬儀費用ランキングでは最も高かったのが千葉県の206万円で、最も低かったのが沖縄県の89万円です。全国平均は137万円でした。

葬儀と同時にお墓を建てる場合、平均額で見ても葬儀に200万円、お墓に200万円と400万円もの費用が必要になります。葬儀もお墓も色々な形がありますので、無駄なお金をかけずによいものにしたいですね。

直葬の費用と流れ

通夜や告別式・葬儀を行わずに、亡くなってからすぐに火葬する葬送を直葬や火葬式と言います。

最も費用がかからない葬儀と言えますが、実際には葬儀と呼べるものではなく、直葬を選んで後悔する人も少なくありません。

どうしても葬儀の予算が取れない方や故人・遺族が望む場合に選ばれるものです。

一日葬の費用と流れ

通夜を行わずに葬儀告別式と火葬を行うのが一日葬です。家族葬や一般葬よりも費用を抑えることができます。

一日で終わることで、遺族の経済的・肉体的な負担が軽減されます。遠方から来る親族の宿泊費も抑えられます。

ただし、斎場を前日から借りなければいけないなどの理由で、思ったほど料金が安くならない場合もありますので注意しましょう。

家族葬の費用と流れ

家族や親族のみで行う葬儀が家族葬です。通夜・告別式が行われますので、通常の葬儀と変わりませんが、参列者が家族や近親者のみになります。

亡くなった方に知人や友人が少ない場合には家族葬が良いかもしれません。家族葬とは言っても故人の親しかった友人を呼んでも構いません。

一般葬の費用と流れ

家族、親族、一般参列者が参加するのが一般葬です。50人以上の会葬者が予想される時に選ばれることが多い葬儀の方法です。

最も費用が高くなるタイプですが、故人が現役で働いていた場合や、知人・友人が多かった方の場合には、一般葬で行うのがよいでしょう。

葬儀社選びと見積もり

良い葬儀社の選び方

亡くなってから葬儀社を選ぶ場合、数時間~1日ほどで決めなければなりませんが、時間に余裕がある場合には葬儀社を比較するのがよいと思います。

一社のみだと良い葬儀社なのか悪い葬儀社なのかの判断が付きません。病院紹介の葬儀社が悪いわけではありませんが、トラブルも多いので気をつけましょう。

葬儀の生前予約

亡くなってから初めて葬儀社に連絡する人も多いですが、最近は約6割の方が生前に相談や予約をしています。本人が生前予約することもできますし、ご家族がすることもできます。

亡くなる前に葬儀の相談をすることは悪いことではありません。故人やご家族が望む葬儀を滞り無く行うためにも事前に相談しておくのが安心です。

葬儀料金単価の相場

葬儀の料金は葬儀の種類や規模、プランなどによって変わるため料金相場を提示するのは難しいですが、葬儀社に支払う費用の一応の単価はあります。単価が安すぎても高すぎても良くありません。

最近はセット料金になった格安葬儀を選ぶ人も増えています。葬儀やお墓の必要性に疑問を持つ人も少なくありません。葬儀社に勧められるがままに高い価格の葬儀を行い後悔しないようにしたいですね。

葬儀の見積書の見方

葬儀の見積書の書式は葬儀社によって異なりますが、家族葬や一般葬であれば、「祭壇や棺、ドライアイス、式場使用料、寝台車、霊柩車」などの基本的な項目は変わりませんので比べることができます。

地域や依頼する葬儀社によって価格設定が異なっていますので、料金を安く抑えたい場合には、複数の葬儀社から見積もりを取り、葬儀内容が同じことを確認して見積もりを比較するようにしましょう。

喪主や遺族のこと

喪主の決め方

喪主は長男が務めるものと思っている人も多いですが、誰がやらなければいけないという決まりはなく、家族の話し合いで決めることができます。

一般的には配偶者か子どもであれば長男が務めることが多いですが、次男や三男、長女でも構いませんし、親族や友人がすることもできます。

喪主がやること

喪主は葬儀の主宰者ですので、葬儀全体を取り仕切ると共に僧侶や参列者の接待、葬儀社との打ち合わせなどもする必要があります。

大事な人が亡くなったことで気持ちに余裕が無いことも多いので、喪主に全てを任せるのではなく家族で助けあい作業を分担しましょう。

遺族がやること

喪主は仕事が多いので、喪主がやる必要がないことや、家族でもできることは家族でやるようにします。お金を支払う人を施主と言いますが、喪主と施主は分けても構いません。

家族葬であれば基本的にみんな親戚ですので気分的に楽になりますが、一般葬の場合は、故人の仕事の関係者や友人なども沢山来ますので、家族みんなで喪主をフォローします。

葬儀に必要な係

葬儀では世話役、進行係、接待役、受付係、会計係などの役目があります。喪主は絶対に必要ですが、その他の係については、葬儀の規模ややり方によって変わってきます。

最近は世話役や接待役を置かないことも多く、受付と会計を同じ人がやることも珍しくありません。進行は葬儀社が行うこともありますので、全ての係を用意する必要はありません。

お寺やお坊さんのこと

戒名料の相場

仏式葬儀の場合、お寺の僧侶に戒名を付けてもらいます。正確には戒名料という名の費用はありませんが、お寺に渡すお布施の中身は主に読経料と戒名料です。

戒名はランクによって金額が変わってきますが、信士・信女で30~50万円、居士・大姉で50~70万円が相場と言われています。宗派によっても付けられる戒名が変わります。

お布施の相場

葬儀や法要を行う時にお坊さんに読経をお願いして、その時に支払う費用をお布施と呼びます。お布施はお寺から請求されるものではありませんが一応の相場のようなものがあります。

先祖代々お世話になっているお寺の場合、お布施の金額も大きくなります。お墓やお布施のトラブルは多いので、お寺とは良好な関係を築いておきたいですね。

僧侶派遣

菩提寺がある場合には菩提寺の僧侶に読経をお願いするのが一般的ですが、菩提寺がない人やお寺との関係ができるのが嫌な人は僧侶派遣サービスがおすすめです。

僧侶派遣とは、葬儀や法事の時にだけお世話になる僧侶のことです。お布施の金額が明確化されており、その後の付き合いも発生しません。

菩提寺に支払う費用

親から受け継いだお墓がお寺にある人や、お墓をお寺に持つと檀家と菩提寺との関係が発生します。新たにお墓を建てる時には永代使用料が必要になります。

寺院墓地の場合、年間管理料が1~2万円ですが、それとは別にお寺の修繕や建て替えなどの時に寄付を求められることがあります。

墓地・霊園のこと

墓地・霊園の種類

お墓は「寺院墓地・公営墓地・民間霊園」に分けられ、最も利用者が多いのは寺院墓地ですが、最近は管理料が安い公営墓地や、設備が充実している民間霊園も人気になっています。

公営墓地や民間霊園の場合、宗教・宗派問わず利用できることが多く、お寺との関係ができませんので、お金をかけたくない人や宗教心が薄くなっている現代の人に向いたお墓と言えます。

霊園の使用料

墓地・霊園を利用する時の料金は、墓地使用料(永代使用料)と年間管理料に分かれます。墓地使用料はその土地を借りるための費用で、契約時に一度だけ支払うものです。

年間管理料は、園路、トイレ、水くみ場などの共用部分を管理してもらうために支払う費用です。管理料は霊園によって異なりますが、公営霊園であれば年間数千円と安くなっています。

お墓を建てる時の費用

お墓を建てる時に支払う費用は、「墓石代・永代使用料・年間管理料」が必要になりますが、墓石代は墓地の面積と利用する石の種類などによって変わってきます。

葬儀社のアンケート調査では、墓石にかけた費用の平均価格は135万円ほどになっています。100万円未満が最も多く次に100~150万円の価格帯が多いですが、200万円や300万円以上の高額な費用をかけたと回答した人も数%ずついます。

お墓の引っ越し費用

お墓を引っ越すことを「改葬」と言いますが、改葬は思っているよりも大変です。家の引っ越しのように簡単にできるものではありません。特に寺院墓地からの改葬は注意が必要です。

お墓を移転するためには、移転先の土地を契約することと、今利用している墓地の移転許可が必要になります。寺院墓地の場合、移転に際しお布施を支払うことになりますが、高額なお布施を請求されてトラブルになることもあります。

サブコンテンツ